2015年03月21日

パラノーマン〜ブライス・ホローの謎〜 *ネタバレ注意

今回は珍しくストップモーションアニメを見ました。
いや、書かないだけでいつも見てるんです。ディズニーピクサーは昔から好きで見てたんですが、息子がディズニーよりドリームワークス等を好むようになって色々見始めたのです。
今回のパラノーマンはクレイアニメのストップモーションで、昔見たコララインとボタンの魔女もこの類です。
2つの作品とも私はとても好きです。
まず、今回のパラノーマン〜ブライス・ホローの謎〜ですが、他のCGアニメよりストーリーがB級実写ゾンビホラー映画にある様なリアリティがあって、クレイアニメとの融合によりA級ストップモーションアニメに格上げになった感じです。分かりづらいですね。

主人公の少年ノーマンは日常的に幽霊が見え、周囲から変人扱いされ、学校では虐められていた。
329BA492-FD28-4B23-8A1F-3AEAA4379689.jpg
ノーマンと同じく幽霊が見えると言う町の変わり者爺さんが病死し、幽霊となって俺の後を継いで夕日が沈む前に魔女の墓で死んだ俺が持ってる本を読め、そうでなければ死者が蘇ると言う。半ば強制的に了承してしまったノーマンは墓の前で本を読む。
それはお伽話の物語だった。
苛めっ子に邪魔をされ夕日が沈み蘇るゾンビ達(しかも魔女の墓ではなかった)
どうにかしようと紛争するノーマン達をよそに、町人たちはゾンビに果敢に立ち向かう。しかし、それは魔女の思惑通り。
ゾンビ達が蘇ったのは、町人達を襲う為ではなく、蘇ったゾンビ達を町人達に襲わせる為だった。
ゾンビ達は生前魔女裁判と称し、幽霊の見える異質な幼い少女を裁いた。その呪いが死者を蘇らせるものだった。
ノーマンはゾンビを襲うみんなに訴える。ノーマンを鬱陶しがってた姉のコートニー、同じいじめられっ子で仲の良いニール、巻き込まれたマッチョなニール兄ミッチ、苛めっ子の主犯格だったはずのアルヴィン。なんやかんやで味方になってくれた四人が協力してくれて、みんなを説得することが出来た。
66496FB6-10E5-419E-9067-5C023EBB9A4C.jpg
ゾンビ達を助ける?為、魔女の悲惨な末路を知って自分と同じだと感じたノーマンは、魔女と話をする為にゾンビの案内で魔女の墓へ向かう。
魔女と言われいた少女アギーは、呪うことで自我失っていた。
FF85E50D-DD8F-4837-A673-B33218C47791.jpgノーマンは必死に話をし、慰められたアギーは永遠の眠りにつく。
07E20C97-BF8B-45A0-BFBD-02223065631B.jpg

まぁこんな感じのストーリーです。
びっくりしたのはマッチョ好きのコートニーがミッチにアタックするも、ミッチがゲイだった事が判明する所かな笑。

ストーリーも、1時間半という短い映画の中で綺麗な流れておさまってるし、内容が厚いからそれ以上に長い物語に感じました。
1番良かったのは、クレイアニメのストップモーションにしてはCGと見間違える程の綺麗なモーションと、ストップモーションの良さを消さないキャラの口の動き。
見てみようと思う方は是非此処に注目して頂きたい。

コララインとボタンの魔女も、独特の世界観と不気味さが好きでしたが、ホラーを全面に押し出したゾンビというテーマでここまでほんわかした気持ちになれるのは初めてでした。

一通りストーリーを書くと長くなりますね。ホラーサスペンスばっかり書いてはいますが、アニメも見ます!
どんどん見る予定の映画が詰んでますが、またのちほど、、、






posted by よいとゆ at 09:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

ホステル3 *ネタバレ注意

次回予告をぶっ飛ばしてホステル3を見ました。
今回の秘密倶楽部は
「寄ってらっしゃい見てらっしゃい。驚きもののき公開処刑だよ!さぁ張った張った!」
って感じです。
舞台をラスベガスに移した事により賭博に変わってしまいました。
メニュー画面も賭博仕様に。
image.jpg
内容はちょっとハードなアクション映画です。
捻りもクソもないようなストレートな作品。ホステルだったらストレートエログロムービーで良いんですが、向かう方向が違う様な。
見た限り1にも2にも絡んでいない様なので、グロ苦手だわーって方は1からより2、3で耐性をつけてからの方が見やすいと思います。
2は雰囲気からホラーよりですが、3はアクションよりなので3からでも大丈夫。
ホステル3に関しては特に内容の説明とかも書きません。先程も言った通り“ストレート”ですから。
1.2を見ているなら見てもいいかも知れません。私もそのノリで観賞した次第です。

私のブログも何の捻りもないものなので、最後にちょっとしたスパイス置いて行きますね。
(グロ注意)↓




image-4178f.jpg
痛いっ!でも顔の皮ってこんな簡単に剥がれるの?



posted by よいとゆ at 23:15| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

続エスケイプ・フロム・トゥモロー *ネタバレ注意

まだ2週目見ていないのですが、自分でより理解出来るように1週目で分かったことをまとめておきたいと思います。

大丸1︎登場人物
ジム…主人公。二人の子の父親。連休にディズニーランドを訪れるが最終日に電話で突然のクビを宣告される。

エミリー…ジムの妻。ディズニーランドに来てからの夫の怪しげな行動に苛立ちと不安を感じている。

エリオット…ジムとエミリーの息子。悪戯っ子。反抗期中?

リサ…ジムとエミリーの娘。甘えん坊。パパと遊びたい年頃なのか、ちょっとわがままっ子。

フランス美少女の二人組…作中から察するにパリ出身?子供を見ては「かわいい」を連呼。なにやら女同士でイチャイチャしているかと思えば二人組の男とタブルデート?主人公に色目を使っている様な素振りをする。ジ・エンドで妖精に。

子持ちの元美女…子供同士遊ばせている脇でジムとウフフな事をする。首から下げている怪しげなアクセサリーでジムが虜に?白雪姫の魔女のコスプレをするレイヤー。因みに息子に女装をさせている。昔ディズニーランドでプリンセスをしていた。リサの様な可愛い子供を見るや否や絞め殺す勢いでハグ。実際殺してしまったかどうかは不明。

電動車椅子の男…おデブな息子がいる。息子がリサとぶつかって怪我をさせたのに、泣いてるリサをニコニコと眺めている変人。その後もジムを理不尽に突き飛ばす。その間もニコニコ。

救護室の看護師…胸のはだけたナース服を着て、なにやら猫インフルエンザについてすごく心配している。最後に見せたのは涙か笑いか…

主な登場人物はこの位です。

私の現見解は下記です。

思えば映画の最初に始まったビックサンダーマウンテン。コースターで人の首が飛びました。
夢の国での容赦ないクビ宣告。
若い女性達の誘惑。
恐らくジムだけに見えていたであろうディズニーキャラクター達の不気味な笑み。歪む音楽。
子供の乗り物酔い。
ディズニーホテルでの性行為。
夫婦の仲違い。
子供の怪我。
電動車椅子の男の理不尽な暴力。
猫インフルエンザの感染。
ビタミンC?の過剰摂取。(恐らく死に至る程なので何らかのオーバードーズだと思います。つまり自殺)

探せばもっとありますが、映像でみると「なんじゃこりゃ」「こわっ」
ってなりますが、文章にするとディズニーランドで何処かの誰かは必ず経験していると思いません?一番上を除けば。
ディズニーのキャラクター達が怖く見える人もいると思いますし。
その流れを考えれば、実は夢の国のコースターでも人身事故はあったのではないか。と。
つまり前述の記事で書いた通り、夢の国であれ現実。世には出ていないがそういった事件や事実もあるという皮肉めいた作品なんじゃないでしょうか?「世には出ない」というのがミソですね。

まぁ今回の私の見解では語りきれない謎がいっぱいありますが、答えはないのでこういった解釈もあるんだな思ってくれるだけでいいと思います。

では今から2週目を見て、他の方の見解も覗かせて頂こうと思います。


posted by よいとゆ at 22:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。